11月15日から愛知県で開催、造園職種は小牧市総合運動場で34選手が技を競う/あいち技能五輪・アビリンピック2019

23歳以下の青年技能者が日本一をかけて技能を競う第57回技能五輪全国大会が11月15日から開催される。第39回全国アビリンピック(障害者技能競技大会)との同時開催であり、「あいち技能五輪・アビリンピック2019」と題された大会には技能五輪に42職種1239人が、アビリンピックに23種目386人がそれぞれ参加を予定している。日程は開会式が15日、競技日は技能五輪が16、17日の2日間、アビリンピックは16日、成績発表と閉会式を技能五輪は18日に、アビリンピックは17日にそれぞれ行う。メイン会場は愛知県国際展示場(常滑市セントレア5-10-1)、技能五輪は9会場で競技を実施する。各会場での競技見学は無料。

技能五輪の造園職種は34選手が出場予定。小牧市総合運動場(小牧市大字上末3450-303)を会場として11月16日から2日間、計10時間で、支給された材料や樹木、草花などを使って指定された区画内に石積み、敷石、植栽、柵、ベンチなどを仕様に従って施工し、施工図に示す庭園を作庭する。競技では施工技術に加えて、樹木や石に関する知識、空間構成力、デザイン力も含めた総合的な技能を競う。

あいち技能五輪・アビリンピック2019の詳細については以下の愛知県の大会公式サイトを参照。

http://aichi-gorin-abilym.jp/

技能五輪の競技職種の日程や会場、課題などについては、中央職業能力開発協会の技能五輪全国大会のサイトを参照。

https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/zenkoku/

技能五輪を含む各種技能競技大会のプロモーションサイトでは、42職種の競技を解説した冊子「スキルハンドブック」をダウンロードできる。

https://worldskills.jp/

https://worldskills.jp/download/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事