1950年に初めて出会った、イサム・ノグチと岡本太郎。
この個性の異なる二人の越境者が、日本の美術に触発されて制作した作品を通して、「日本」あるいは「日本美」とは何かについて考えるきっかけとなる展覧会。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事