インクジェット印刷で繊細なテクスチャーを表現した「エバーアートボード シックシリーズ」を発売/タカショー

タカショー(和歌山県海南市、高岡伸夫社長)は、屋内・外⽤化粧建材ボード「エバーアートボード」に、同社独⾃のインクジェット印刷で繊細な表情と個性豊かなテクスチャーを表現した「エバーアートボード シックシリーズ」を発売した。天然⽊や天然⽯ならではの表情の美しさを忠実に再現し、植物柄などを加えた繊細な表情で個性豊かなカラーバリエーションを用意している。

木柄カラーバリエーション

 

石柄カラーバリエーション

 

和柄・植物柄カラーバリエーション

 

インクジェット印刷と⾼耐侯効果を発揮するトップコートにより屋内・外で使⽤できるので、屋外では⾨柱や天然⽯では難しい庭まわりの⽬隠し、壁⾯のリフォーム・リノベーションに、屋内では店舗内を彩るアクセントとしても使用できる。

エバーアートボード シックシリーズ一部施工イメージ

サイズは910×1820×厚3mm、重量は約4kg、参考価格は1枚当たり24800円(全色共通、消費税・工事費等は別)。

同社では、エバーアートボード シックシリーズの特徴やカラーバリエーション、使⽤イメージを掲載した専⽤ホームページを公開しており、各カラーサンプル画像のダウンロードが⾏えるほか、カットサンプルの発注⽅法(有償)をご紹介している。
https://proex.takasho.jp/abc/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事