アウトドアリビングを楽しむ平屋を発売/スウェーデンハウス

スウェーデンハウス( 東京都世田谷区、岡田正人社長) は、平屋住宅の新商品「L Ä T T N A D ( レットナード) 」を9 月5 日から販売開始した。レットナードはスウェーデン語で「快適さ、心地よさ、解放」を意味するという。スウェーデンをはじめとする北欧の人々が住まいの窓辺に植物を並べ、テラスやベランダで自然と親しむ時間を楽しんでいることをコンセプトにした商品。その特徴はリビングと一つにつながった屋根付きのデッキスペース「ルフトデッキ」で、アウトドアリビングとして活用することができる。

 

ルフトデッキのイメージ

また、室内の動線をコンパクトにまとめることで生まれた「フリールーム」は、ダイニングの延長として、子供部屋や趣味のスペースなどにもなる。

ルフトデッキにつながる内観イメージ。写真左奥が「フリールーム」

延床面積は66.83~84.47㎡(20.21~25.55坪)で、12プランを用意した。販売価格は1,770万から(消費税別、北海道および積雪地域は価格が異なる)。
詳しい内容は、下記の同社ホームページを参照。
https://www.swedenhouse.co.jp/lattnad/

スウェーデンハウスの住まいと庭の関係は「HomeGarden&EXTERIOR」の以下の号でも紹介しています

  • 6つのストーリによるライフスタイル提案「Bara vara(ボーラ ヴォーラ)」……vol.3
  • 人と自然を近づける邸宅「hus Premie Gården(ヒュース プレミエ ゴーデン)」……vol.2
  • 日常を楽しむ北欧の住思想「mjuk(ミューク)」……vol.1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事