玄関ドアと同一のキーで操作可能な宅配ボックスを発売/YKK AP
(左)ルシアス 宅配ボックス1型と玄関ドア「ヴェナート D30」のコーディネイト(右)ルシアス 宅配ボックス1型

YKK AP(東京都千代田区、堀秀充社長)は宅配ボックスの新たなラインアップとして、同社の玄関ドア用「スマートコントロールキー」と同一のピタットKey(カードキー、シールキー)、および、暗証番号式のタッチパネルの2つの方式で施解錠が可能な「〔ピタットKeyシステム〕ルシアス 宅配ボックス1型」の発売を開始した。柱とポストユニットには、玄関ドアやエクステリア商品共通の木調色も設定し、住宅外観との調和も図れる。なお、国土交通省の「次世代住宅ポイント制度」の家事負担軽減の対象設備にもなっている。

スマートコントロールキーは同社が販売する玄関ドアへの標準化が進んでおり、宅配ボックスも同一のキーにすることで、帰宅時の荷受けから玄関ドア解錠までの作業がスムーズに行えることになる。また、タッチパネルも搭載しているので、暗証番号入力によるキーレス施解錠も可能にした。一回利用限定の暗証番号も設定できるので、宅配業者様への集荷依頼にも対応が可能となる。

受取可能寸法は300×350×500mmの大容量、重量は20kgまで。表札灯付きの機能ボールとしても活用できるタイプや、2段収まりなど、3つの納まりから選択が可能。設置にあたっては、電池式を採用したことで電気工事を不要とした。また、柱納まりには乾式施工用ベースプレートも設定しているので、新築時の後付けやリフォームでも採用できる。カラーはプラチナステンとカームブラック。参考価格は下写真左の〔ピタットKeyシステム〕ルシアス 宅配ボックス1型+ルシアス ポストユニットBN04T型(表札灯タイプ/アルミ色)+エクステリアポストT10型(アルミ色)+カードキー+シールキーで32万4400円(消費税・組立施工費・現場搬入費は別)。

同商品の詳細は以下のサイトを参照

YKK AP

https://www.ykkap.co.jp/

〔ピタットKeyシステム〕ルシアス 宅配ボックス1型

https://www.ykkap.co.jp/company/jp/info/news/detail.html?s=20191029_1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事