「ルドン―秘密の花園」展

オディロン・ルドン(1840-1916)は、印象派の画家たちと同年代でありながら、幻想的な内面世界に目を向けた特異な画業で、世界中の人々の心を魅了する存在。本展はルドンの描いた花や植物に焦点をあてた、世界的にも前例のない展覧会。最大級のパステル画《グラン・ブーケ》とともに、ドムシー男爵家の食堂を飾ったオルセー美術館所蔵の15点が一堂に揃う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事