• 庭の未来へ 

小誌2014年秋号にて特集した「みんなの庭」第二弾として、公共福祉施設や病院、コミュニティスペースの庭を特集する。
前回から現代にかけて、植物や緑への社会的な関心が高まっており、さまざなま施設において積極的に「庭」をつくるケースが増えている。人が集まり、活動する場において、「庭」に期待される効果とは何なのか。「庭」がどのような役割を果たしているのか。
その答えを探り、実践した作庭家の事例とクライアントへのインタビューから、公共の場としての「庭」の意義を考える。

 226-005

特集
育む、働く、癒す
みんなの庭 vol.2

4910069530270

[特集]
育む、働く、癒す みんなの庭 vol.2
ご購入はこちらから

編集・neuf(澤田忍)
判型:A4変 判
頁数:120
定価:本体2400円+税
発行年月:2017/02
雑誌コード:06953-02

 

特集

子どもの本能を呼び覚ます自然の中の園庭
自由の森保育園
造園設計=西海園芸

地域と保育園をつなぐ土地の原風景を再現した「まちの庭」
みやま保育園
造園設計=西海園芸

天然温泉に浴し自然と一体化する庭
デイサービスリゾート杣緑
造園設計=大北美松園

利用者の居場所から発想したアート活動を支える庭
工房集
造園設計=N-tree

心身に癒しをもたらす雑木に包まれた中庭
明和病院
造園設計=杉景

寺院を地域の交流を支える人々の集うウッドデッキ
シテンノウテラス
造園設計=れんみの庭

駅ビルの日本庭園、大学の実技演習、都心のグラピングなど
屋上庭園の新潮流

NIWA SPECIAL REPORT
植物のあるインスタレーション

226-8

連載

名庭園のある景色(第9回)
近代邸宅の風格を今に伝える日本のもてなしの庭
八芳園庭園(東京・港区)
取材・文=粟野隆/東京農業大学准教授

作庭に役立つ素材と技術
建物と庭を近づける テラス

庭師のためのREADY MADE TOOLS
カーゴクレーン タダノ

現場で役立つ職人の知恵と技術
石積編④東北の石積(1)鳥海石

内と外とをつなぐ「間」の設計作法
2章―新千里南町の家01
文=竹原義二

庭園専門家に聞く植栽講座
ウラジロガシ
専門家=近藤増男/小田原植木

NIWA COLUMN

みどりの力
みどりの魅力に導かれて視覚障がい者と歩く日本庭園

時代の気分
理想の暮らしを体現する“旅”

庭を巡るArt/Culture
郊外都市さいたまに何を発見するか?

NIWA REPORT
多彩な参加者が集い、全国区のショーに成長
日比谷公園ガーデニングショー2016

自然に学び、自然を生かした“活景”
ブータン初の日本庭園「三春ガーデン」

創刊40周年記念、昭和の庭と作庭家を振り返る
第5回庭NIWAシンポジウム

「作庭と作図の総合力を高める」研修会に参加して
庭連西日本支部研修会