• 庭の未来へ 

3群峰の森 撮影=佐藤振一

特集 住宅の庭 水の景のある住まい

庭のある住宅で暮らしたいという施主の思いをかなえた住まいの庭。
特に暮らしの中に大胆に植栽を取り込んだ住宅や、施主を巻き込んだ新しい庭づくりについては、庭と住まいの新しい関係として掘り下げて取材した。
また今回取材した住宅の庭にある水の景について、可能な範囲で図面の掲載を試みた。

 

0001

編集・neuf(澤田忍)
判型:A4変判
頁数:120
定価:本体2,400円+税
発行年月:2016/4
資料請求はこちらから
購入はこちらから

 

目次 No.222 Contents 2016春

2栗林邸 撮影=佐藤振一

特集 住宅の庭 水の景のある住まい
□地域に開き、やがて森となる住宅の庭 群峰の森
□エッジの効いた建築物を和らげる自然石の庭 818 Garden
□遠近法を巧みに利用して奥行きを生む作庭の技 桶川の家
□地形を生かし、庭の中に動きを生み出す 矢野邸
□施主とともに“だんだんと”つくった庭 だんだんとつくるしくみ 廣瀬邸
□リビングから眺める外の世界 栗林邸
□根府川石でつくる水の景 睦月邸
□対談 森の住まいはいかにつくられたか 造園家荻野寿也×建築家前田圭介
□庭づくりレポート 施主一家が仕上げた池と流れ

1笠勝邸 撮影=佐藤振一

美×技
笠勝邸の庭

 

 

連載
□名庭園のある景色 もてなしの場として設えられた姿を今に伝える植治の庭園 国際文化会館庭園(東京・港区)
□Niwa Interview 日本庭園は日本文化を知るためのゲートウェイ ポートランド日本庭園CEO スティーブン・ブルーム氏
□作庭に役立つ素材と技術11 夢を描く CADプレゼンテーション
□庭師のためのREADY MADE TOOLS 01 アルミゴンドラ ミツル
□現場で役立つ 職人の知恵と技術 石積編①仙台周辺の石積(1)
□内と外をつなぐ「間」の設計作法 序章/住吉山手の家01 建築家・竹原義二
□庭木専門家に聞く植栽講座 野の花マット 専門家=仲田茂司/仲田種苗園

4国際文化会館庭園 撮影=佐藤振一

NIWA COLUMN
□みどりの力
□時代の気分

NIWA REPORT
□造園業界で活躍する女性を増やすために 第4回女性技能者育成のための技術・情報交流会
□建築家と造園家が切り取る日本の庭 岸和郎:京都に還る_home away from home ギャラリートーク 岸和郎×尼﨑博正
□全国の街路樹問題に希望が見えたサミット 2016年街路樹サミットin 立川
223号に協力いただいた作庭家・造園家リスト作庭倶楽部
作庭倶楽部「第一線で活躍されている作庭家の方々をご紹介」