• 庭の未来へ 

3hakone
特集

新たな集いの場 寺院の庭

 

寺院の庭は、宗派や地理的環境、たどってきた歴史により庭としての表れ方は異なりますが、そもそもの役割を探れば、地域コミュニティを創出する場であったこと、また付属する庭園が人を呼ぶ観光的要素を持ってきたことなどが挙げられます。それは現代に引き継がれ、寺院の庭として私たちの眼を、心を潤してくれています。

本特集では、住職の方々の未来志向が、作庭の専門家との協働により「庭」という形として現れた寺院を紹介します。それはコミュニティの場であり、新たな風景をつくることで人を呼ぶ場となっているような、本来の寺院のあり方を再考した寺院の庭です。

 

庭222_H1_初校修正1211ver2
編集・neuf(澤田忍)
判型:A4変判
頁数:120
定価:本体2,400円+税
発行年月:2016/1
ご購入はこちらから
資料請求はこちらから

 

22あんようじ
目次 No.222 Contents 2016春

特集 新たな集いの場 寺院の庭
□庭の造形から境内の佇まいへ ~現代の宗教施設とランドスケープ 宮城俊作
□五台山 竹林寺境内「めぐりのもり」 造園計画・設計=尼﨑博正 現場監理=アトリエ マスタバ/前田哲男
□医王山 世尊院 安養寺客殿庭園 造園=庭良
□壬生寺庭園 修理=片山造園
□東長寺 檀信徒会館 文由閣 造園設計=ヒュマス/霜田亮祐、高沖 哉 造園施工=笹隈造園、仲田種苗園
□真光寺 樹林葬墓苑 造園設計=ヒュマス/霜田亮祐、高沖 哉、地球工作所 造園施工=仲田種苗園、山田石材
□お寺の本音を聞いてみた 現代の仏教と寺院

新たな集いの場 人を呼ぶ集いの場としての庭
□茶室「泥深庵」お披露目茶会
□北海道ガーデンショー2015大雪
□日比谷公園ガーデニングショー2015
□全国都市緑化あいちフェア

美×技
瑠璃庵の庭 造園=作庭処廣瀬

 

連載
□名庭園のある景色 箱根美術館と神仙郷の庭園
□作庭に役立つ素材と技術 家族とゲストを出迎える門柱・門袖
□庭師を支える匠の技 道心斎正行の玄能と山桜柄
□現場で役立つ 職人の知恵と技術 竹垣編 重森三玲の文字垣
□伝統の守り方 若女将奮闘記 舛之矢/西村 舞さんインタビュー
□植木専門家に聞く植栽講座「苔」

名庭園のある景色 
箱根美術館と神仙郷の庭園
NIWA INTERVIEW
盆栽の「価格」ではなく「価値」を上げたい。 盆栽師 平尾成志 氏

NIWA COLUMN
□みどりの力 「緑のキキメ」を伝道しましょう
□時代の気分 暮らし方を変えるモノとの出会い方・買い方・持ち方
NIWA REPORT
波乱づくめとなったブラジル大会 第43回技能五輪国際大会 井上花子
自作を通して仕事の領域と魅力を語る 第3回 庭NIWAシンポジウム「庭の未来へ」

222号に協力いただいた作庭家・造園家リスト作庭倶楽部
作庭倶楽部「第一線で活躍されている作庭家の方々をご紹介」